ITの力でスイマーの未来を支えたい

 

2020年、世界最大のスポーツの祭典、東京五輪の開催に沸く日本。
なかでも水泳競技は、日本代表選手の活躍と感動ストーリーの誕生に、多くの期待が寄せられています。

その一方で、粛々と進行を続ける少子超高齢社会と経済格差。
静かに押し寄せる時代の波は、水泳愛好者と関連産業にとっても無関係ではありません。

そこで私たちは考えました。

「ライフイベントごとに分断された情報を、生涯スパンで提供することができないだろうか?」

そして、その結果たどり着いた答えが『みんなの水泳手帳』でした。

  • 水泳を始めるきっかけとなる情報をサポートする
  • スイマーの進路を考える情報をサポートする
  • 元スイマーの社会での活躍と繋がりをサポートする

この情報連鎖の起点を創ることが、私たちJapanSwimmingTaskForceの使命です。